ゴールドペーパードライバー

今日のお昼ごろ、早めに昼食をとってのんびりテレビを観たり、ネットサーフィンをしたりして一人の時間を満喫していると、夫から電話がありました。

普段、仕事中のやり取りは基本メールで行っていたので電話がかかってくるなんて珍しいな、と思いながら電話に出てみると夫に元気そうな声で「仕事中に怪我をして病院に行くことになったから、病院まで迎えに来てー」とお願いされました。

大丈夫なのかと聞くととりあえずは元気とのことで、病院までは同僚が送ってくれる事になっていました。怪我も心配ですが、いつもと変わらない声で電話をかけてくるだけの元気があることにとりあえず一安心し、病院の場所をGPSで探しました。

しかし、運転歴が長い人なら車をスイスイと運転して目的地までたどり着く出来ると思うのですが、私はこれまで7年間運転をする機会も全く無かったため、免許はゴールドでも実質ペーパードライバー。

その上、数カ月前に引っ越してきたばかりで土地勘もあまりありません。でもここは愛する夫の為、それから診察後とりあえず家に連れて戻るため、と気合を入れて一人で病院まで運転してみることにしました。

運よく忙しい時間帯ではなかったこと、それから高性能で正確に道案内をしてくれるGPS機能のおかげで無事目的の病院までたどり着くことができました。

運転中は前の車にぶつからないか、車線からはみ出てないか、警察に捕まったらどうしよう、など色んな不安がよぎり、振り返ってみると今年で一番緊張した出来事だと思います。

結局、夫の怪我も大したことなく痛み止めをもらって帰ってきました。「不注意で怪我したことを十分に反省するがよい」と言いながら、帰りの運転も私が担当。

夫は助手席で苦笑いをしながら一生懸命ダッシュボードのハンドルを掴んでいました。トラネキサム酸配合美白オールインワン