政府などについて勉強した

勉強をしました。ロシアは1891年露仏同盟を結び、フランス資本を導入して重工業や鉄道の建設をすすめました。しかし、労働条件が劣悪だったため工場労働者を基盤としたマルクス主義運動がひろがり、ロシア社会民主労働党が結成されましたが、同党は1903年にレーニンのひきいる急進派のボリシェヴィキと穏健派のメンシェヴィキとに分裂しました。その他にも社会改革党などの反政府的な政党がうまれていました。一方、ロシア政府は対外膨張政策を続け1904年に日露戦争がはじまりました。この戦争で戦局が不利になると1905年に血の日曜日事件をきっかけに第1次革命がおこったので政府は日本と講和し、国会の開設など自由主義的な改革をおこなって危機を乗りきりました。さらに、翌年ストルイピンが首相となって農村改革をすすめました。アメリカ合衆国は工業生産力で19世紀末に世界の首位にたち、1890年代に国内のフロンティアが消滅すると、海外進出を積極的にすすめていきました。デオシークの口コミ・効果※子供は?デオシーク・クリアネオ・ノアンデ比較