政府などについて勉強した

勉強をしました。ロシアは1891年露仏同盟を結び、フランス資本を導入して重工業や鉄道の建設をすすめました。しかし、労働条件が劣悪だったため工場労働者を基盤としたマルクス主義運動がひろがり、ロシア社会民主労働党が結成されましたが、同党は1903年にレーニンのひきいる急進派のボリシェヴィキと穏健派のメンシェヴィキとに分裂しました。その他にも社会改革党などの反政府的な政党がうまれていました。一方、ロシア政府は対外膨張政策を続け1904年に日露戦争がはじまりました。この戦争で戦局が不利になると1905年に血の日曜日事件をきっかけに第1次革命がおこったので政府は日本と講和し、国会の開設など自由主義的な改革をおこなって危機を乗りきりました。さらに、翌年ストルイピンが首相となって農村改革をすすめました。アメリカ合衆国は工業生産力で19世紀末に世界の首位にたち、1890年代に国内のフロンティアが消滅すると、海外進出を積極的にすすめていきました。デオシークの口コミ・効果※子供は?デオシーク・クリアネオ・ノアンデ比較

協調外交などを勉強しました

勉強をしました。強硬外交に転じて失敗した田中内閣から交代した浜口内閣は、協調的な幣原外交を復活させました。1930年にイギリスの提唱で補助艦の制限を行うため、ロンドン海軍軍縮会議が開かれました。この会議の結果、補助艦の比率をほぼ対英米7割にすることを協定しました。この条約調印に対し海軍軍令部や国家主義者、野党の立憲政友会などは政府が軍令部の反対を押し切って兵力量を決定したのは、天皇大権のひとつである統帥権をおかすものであるとして、激しく政府を攻撃しました。政府はこれらの反対をおさえましたが、経済政策の失敗もありました。協調外交の行き詰まりは、満州問題でも見られました。1928年に張作霖の子の張学良が国民政府への帰属を表明して北閥が終わると、国民政府は日本ににぎられている満州の権益を取りもどすと宣言しました。これに対し、日本は協調外交の姿勢を保ち中国の主権を尊重しながら日本の権益をまもろうと交渉しましたが、成果はあがらず中国の排日行動はいっそう激しくなりました。クリアネオの口コミはこちら